- B u t t e -

映画コラムと小説を書いています。ダメ女子によるダメ女子のための映画本『ダメ女子的映画のススメ』通販中です。右のリンクよりどうぞ。

世にも不思議な『ドレス映画』だった実写版『シンデレラ』~スケープゴートにされた継母と、労働者表現が若干子供に有害な気もする話~

 

ディズニープリンセス」というキャラクターグッズブランドがついに映画作品にまで影響を与えてしまった、ある意味歴史的な作品。

 

 

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

 

見てきました。今思うと、この時点(↑)で完全にドレスと靴を見せるためのポスターでしたね…。

見終わった後、「この映画をどう捉えたらいいんだ・・・」としばらく頭を抱えていました。

強いて言うなら、本作は世にも不思議な「ドレス映画」です。

 

●「ディズニープリンセス」なるものの与えた影響

 

まず、何を言っても最初に語らねばならないのはシンデレラのこの「青いドレス」でしょう。

シンデレラのこの「青いドレス」と、「ディズニープリンセス」にはちょっと複雑な関係があります。

(ごめんなさい、私、これからちょっとディズニーファンのあなたには当たり前のことを言うかもしれません。もしそういう方がいたら次の改行まで読み飛ばしてくださいね。)

まず、今回の実写版のシンデレラのドレスを見てみてください。そうです、青ですね。

次に、1950年代版の、ウォルト・ディズニーが手がけた元祖シンデレラのドレスを調べてみてください。そうです、白です。

今調べてくれた方の中には、シンデレラのドレスはアニメ版からもともと青だと思ってた人いませんでしたか? 大丈夫、あなたに罪はありません。その理由をちょっくらお話します。

 それは「ディズニー映画」と「キャラクターグッズ」の因縁のお話です。

 

今ではすっかり定着したましたが、実は、2000年ごろまでは、「ディズニープリンセス」なるものは存在しませんでした。映画作品としての「白雪姫」が、「眠れる森の美女」が、「シンデレラ」が、それぞれ別個に存在しているだけでした。

コンシューマー・プロダクツは1990年代後半ごろから経営難にあえいでいました。この時代は、この前お話した"ディズニー迷走期"ですね。

ディズニー迷走期についてはこの前の記事、イントゥザウッズ評をご参照ください。

 

 

annnnnn.hatenablog.com

 

 

ディズニープリンセス」という概念を作り出し、グッズとして大成功させ、コンシューマープロダクツを救ったのはアンディ・ムーニーという男でした。

ある日のこと、ディズニー・オン・アイスに視察に出かけたムーニーは、客席の小さい女の子たちのほとんどが着ているプリンセス・ドレスに目をつけます。それらは母親たちの涙ぐましい努力による手作り品で、それを見たムーニーはこれをグッズ化したら絶対に売れる! と確信します。さっそくムーニーは、社内で「プリンセス」と呼ばれるブランドを企画。

ただし、ロイ・ディズニーなどの古株は、別々の作品のプリンセスたちを一緒くたにして販売することについて大反対でした。

ただし、彼らも経営難には逆らえない。ゴーサインを出す代わりにロイの出した条件は、「同じ絵の中に存在しても、プリンセス同士が絶対に目を合わせないこと」でした。(だから、プリンセスグッズを見てみると、どのグッズもプリンセスたちはまるでお互いの存在に気づいていないかのように別々の方向を向いています。ぜひ見てみてください)

 

かくして生まれた「プリンセス」なるブランドは、現在のこのディズニーストアの、玩具売り場の、イオンの文房具屋の、イトーヨーカドーの机売り場の状況が表すとおり、大大大ヒットとなったわけです。

 

グッズが売れると映画も作れる、映画が売れるとグッズも売れる。

プリンセス映画全体を相対化(反省?)した作品「魔法にかけられて」「アナと雪の女王」などを作り、

ディズニーは「暗黒期」を抜け出し、復活していきます。

 

ディズニーの復活に関しては、もちろんピクサーから引き抜かれたトップ、ジョン・ラセターの功績が大きいでしょうが、「プリンセス」ブランドのヒットも影響を相当に影響を与えたはずです。

 

ディズニーはプリンセスのイメージが白人像に固まるのを避けるため、「プリンセス」を打ち出すにあたり人種・年齢・立場のさまざまな11人のプリンセスたちを「プリンセス」として位置づけています。

(ちなみに白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、アリエル、ベル、ジャスミンポカホンタス、ファ・ムーラン、ティアナ、ラプンツェルメリダの11人です)

 

そこには、「年齢も人種も地位も関係ない。誰もがプリンセスだ」というディズニー側の先進的な主張があったのです。

にもかかわらず悲しいことに、せっかくプリンセスに含めたけれど、アジア系の女性であるムーランや、民族衣装に身を包んだポカホンタスよりも、世界中の女の子たちにとって、プリンセスとは「中身」よりも「ドレス」でした。

女の子たちに常に人気があるのは、 パステルカラーのふんわり広がるドレスが綺麗なシンデレラ、オーロラ、ベルの3人で、せっかくバラエティにとんだメンバーをセレクトした11人のプリンセスだけれども、この3人がほとんどのグッズで真ん中を占めています。

 

本作の監督のケネス・ブラナーは、そんな「女の子のプリンセスに対するときめきの主成分=ドレス」を、よくわかっているようでした。

監督は映画内で、やりすぎなほどにドレスを見せつけていました。

思えば、予告編の映像も「ドレス」並びに「変身シーン」を最大に売りにしていましたね。

靴のシーンと、ターンしつつの衣替えシーン、

最大の見せ場である変身シーンのあと、上記のダンスパーティのシーンでも、色とりどりのドレスの中で、ちょっと不自然なほどに

「ヒラッ」、「ヒラッ」と、裾を揺らす振り付けで中のパニエを見せています。

 

主は地味に大学のころ競技ダンスをしていたのですが、宮廷舞踊や、ワルツなどのモダンダンスでは「そんなに裾を動かさないよ・・・・」とかなりの違和感を持ってしまったので、これらは映画のための演出と思われます。

主演のリリー・ジェームズはダンスの指導をきちんと受けていないとしか思えません。比較的長尺なダンスシーンで、真ん中で大写しになって踊るのに、慣れない動き、王子との息の合っていなさ、それでもけなげに笑顔だけは絶やさない彼女が見ていてどんどん可愛そうになってしまい、

見ていて「どうしてこんなに気まずい思いをしなきゃいけないんだ!」と叫びだしたくなりました。

もしかして、「ダンスが未経験ならではの初々しさと喜びの表情をメインに撮りたかった」のかも知れません、いやきっとそうなのでしょう。だけどそれにしても尺が長すぎて、そのせいで「初々しさ」を「気まずさ」が上回るのです。

それに、映画冒頭で「姉たちは意地悪で、もちろん芸術の才能もありませんでした」として姉たちの酷いピアノと歌のシーンが出てくるのですが、「シンデレラ、お前もたいがいだよ!……なんでもない、ごめん…私たちも優しさと勇気を忘れちゃダメだよね…」みたいな気分になります。

(ちょっと話が逸れますが。シャルル・ペロー版の「シンデレラ」が愛読された18世紀ごろ、身分の高い女性は仕事が持てず、身分の高い男性の妻になるしかありませんでした。よって、女性にとって「芸術の才能(社交界で歌を歌って客人を楽しませるため)」はなくてはならないものでした。姉たちのひどい歌、あのシーンは単なるギャグシーンではなく、「芸術の才能が無い=レディではない女性」という差別意識であり、原作のディズニーが持つ「毒」の部分です。

あとで書きますが、本作実写版「シンデレラ」は原作の持つ差別意識をなくそうとした色々な試みが見られます。そんな志があったのですから、ついでにこのシーンを再考すべきだったように思います)

 

 パステルカラーのふんわり広がるドレスが綺麗なシンデレラ、オーロラ、ベルの3人のグッズが大ヒットする中で、シンデレラのドレスは、いつの間にか白から青になっていきます。理由は公式にはわかっていませんが、おそらくグッズとしての収まりのよさ、3人で並んだときの色的なメリハリをつけるためでしょう。

 

有名な話ですが、ウォルト・ディズニーが最も好きなシーンは映画『シンデレラ』の変身シーンでした。

シンデレラの初の実写化で、公開されたポスターアートが「青のドレス」だったときの私たちのざわめきの理由、ご理解いただけましたでしょうか・・・・

いくらプリンセスグッズが大ヒットしたとはいえ、それまでグッズブランドと映画作品の間には一線が引かれておりました。

つまり本作『シンデレラ』は、「ディズニープリンセス」というキャラクターグッズブランドがついに映画作品にまで影響を与えてしまった、ある意味歴史的な作品と言えるでしょう。

 

 

●どこに行くんだディズニーの自己反省意識

 

しかし、私のような人間が本作にグチグチ言っているのはただ単にディズニーオタクだからであって、映画的に見れば本作がこのドレス可愛いでしょ!とヒラヒラやっている分には、無邪気な映画として何の罪も無いはずです。

それに、ドレスの色を変えたのだって、ここ最近のディズニーが「魔法にかけられて」「アナと雪の女王」「イントゥ・ザ・ウッズ」などの作品でこれまでに作ったイメージやメッセージを破壊して再構築する「ディズニー自己革命」の流れのひとつとも言えるでしょう。

 

ただ、この映画がなかなかそうはいかないのは、「無邪気」で片付けられないところがあるからなのです。

 

●「労働者」の描き方に表れる無邪気な無神経さ

あんまり言うのもどうかと思うのですが、数箇所、無邪気な無神経さを感じたのは「労働者」の表現です。

今回のシンデレラではPC(※ポリティカル・コレクト:政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業・性別・文化・人種・民族・宗教・ハンディキャップ・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現、およびその概念を指す出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 (2015/04/26 23:56 UTC 版))に配慮してか、家臣の1人の重要なポジションにアフリカ系アメリカ人の俳優さんを入れてるのですが(ノンソー・アノジーという俳優さんです)、家臣に彼がいて、王族サイドは白人が揃ってることが、かえって違和感になっている気がしました。

というのも、シンデレラという作品には、これは今回の映画化の罪ではないのですが、原作からちょっと問題があって、カボチャ馬車を引く従者や馬子などの「労働者」に化けるのは、ネズミやガチョウなどの「動物」なんです……。

今回はそれを実写で人間がやってることによって、さらに画的な問題が可視化されちゃってる気がしていたたまれませんでした。

(ちなみに、ネズミ→馬、カメレオン→馬子、ガチョウ→御者に、それぞれ変身します)

近代以前の文学に描かれる世界には、階級が違うと同じ生き物ではない、という意識はけっこう強いです。私たちからすると意外なことですが、その意識を持つ持たざるは善人悪人にわりと関係ありません。例えば、「舞姫」のエリスの扱いの酷さは有名ですが、あのゲーテですらグレーテヒェンの扱いがあまりにひどいし、ゲーテ本人も「素晴らしい。彼は妻を鞭打ったその手で妻を撫でるのだ!」とか、「人類皆平等」を教わってきた私たちからすると「えっ、そもそも鞭打つなよ?!」と思うようなことを平気で言ったりします。(ゲーテはドイツですが、18世紀のイギリスの慣習法では、妻は夫の動産であって、夫は妻に対する“身体的制裁権”が認められており、夫の親指の太さ以下であれば棒やムチで叩いてよいとされていたのは有名な話です)

シャルル・ペローの原作の描かれた17世紀の階級意識が表れているシーンな気がして、ここは興味深いシーンです。

言わずもがな、家臣にアフリカン・アメリカンの俳優さんを入れるなら、ここのシーンも変えないと前後関係がとれてないと言えるでしょう。

 

それから、この映画は他にも「労働者」に対して首を傾げる表現があって、

それは例の国中がガラスの靴を試すシーン。シンデレラが落としていった靴にピッタリ合う足を捜して国中の娘を試すシーンですね。

人で賑わう営業中のパン屋の中に大尉たちが入っていって、パン屋で働く中年女性がガラスの靴を試すのですが、女の足が臭くてみんなが倒れるってギャグシーンがあるのです。

いや、私のように、ディズニー映画を俯瞰してみてるようなクズが、どう言ったっていいのです。ただ、映画の前半、めげずに働くシンデレラに共感しながら見ていた人ほどここにきてあれ……? と首を傾げることでしょう。「恋愛至上主義」、「女性の自立を妨げる」とフェミニストや教育者たちにさんざん叩かれてきたディズニー。その点を克服し「アナ雪」で復活したディズニー。

そのディズニーの『シンデレラ』の再解釈ですから、「本作のシンデレラが尊いのは王子様と結婚できたから」という着地点では絶対にいけないはずです。ましてや「生まれが高貴だったから王子に選ばれた」でも。

シンデレラが尊いのは「メイドのように扱われても、優しさと希望を捨てずに働いたから」であって、「労働は尊い」ってメッセージを発しているのに、足は臭いのはダメってこと? と、少なくとも私はここにきて大いに混乱しました。
「働く人の足が臭いのはカッコ悪い」って、その価値観て、後に書きますが「継母サイドの高貴な人」のものでは?

 

まあ、ここはあまり深く突っ込まず、さらっと流すべきギャグシーンかもしれません。

しかし、この作品の矛盾はこれだけでは終わりません。そしてその違和感が最高潮に達するのは、もはや本作の主役とも言える、ケイト・ブランシェット演じる継母の描き方でしょう。 

 

 

ケイト・ブランシェットが良さすぎたから文句も多い「母親」描写

 

ケイト・ブランシェット。ああ、ケイト・ブランシェット。最近女性との交際もカミングアウトした、サイコーにクールな我等が姉御。

画面を圧倒する存在感で、彼女が登場したシーンには思わず笑ってしまいましたw

やり過ぎなほど間を取って、スクリーンが足元、後姿と順に彼女を大きく映し出し、つばの広すぎるドデカイ帽子の影から、チラリと目を覗かせるあの登場シーンは、ハリウッド版「ゴジラ」が登場したあのシーンばりに「よっ!!」と掛け声を入れたくなります(笑)

 

この映画は彼女が魅力的過ぎるという意味でも、全体的にもったいなさすぎるのです。

非常にもったいないことに、本作はこの継母を徹底して「心の貧しい可哀想な人」として描きます。

アニメ版シンデレラの継母のように徹底して記号的に描かれるなら全然違和感なかったのですが、あれを実写で本当の人間が生身の身体でやっちゃうと、私たちはどうしても「その人の背景」を想像してしまいます。とりわけ、ケイト・ブランシェット演じる継母は、昔は「勇気と優しさ」を持った人だったように思えてなりません。

本作にて説明される彼女の背景は、高貴な身分の女性であり、2度も夫に死なれた未亡人であり、娘を2人抱えています。しかも、王子のセリフから、戦時中であることが示されます。

先ほどもちらりと書きましたが、17~18世紀の身分の高い女性は仕事を持つことができませんでした。結婚できなければ、ガヴァネスと呼ばれる教師になるか、売春婦になるかの二択だったというのですから、とんでもない時代です。

(当時の女性の生きづらさを描いた有名な作品に、シャーロット・ブロンテのジェーン・エアトーマス・ハーディのダーヴァウィル家のテスなどがあります)

 

シンデレラが父の死を知らされたシーンでは、父を想って悲しむシンデレラと裏腹に、「身の破滅よ!」と自分と娘の身を案じて血相を変えるシーンがあり、シンデレラの他人を思いやる優しさと強さとの対比になっていますが、

いかんせん私たちは大人として、継母の反応だって、彼女の境遇を想像したら当然すぎるように思えてなりません。

 

悲劇の根源は継母ではなく、当時の女性の自由があまりにも制限されていたことです。

必死に生きようとした継母とシンデレラに、若さ以外の何の差があるでしょうか。

継母はシンデレラのように王子様並びに安定した金持ちと結婚できなくて、しかも路頭に迷ったりする女性が実際に多くいる中で、生きるために「優しさと勇気」を失った人であって、シンデレラだって歳をとれば継母のようになる可能性も充分あったはずです。

だからあの映画は、豊かさが保証されていなくても優しさと勇気を失わない方法を、シンデレラはたとえ王子様と結婚できなくても失わずに済んだことを、説得力をもって提示できなくてはいけなかったと思います。

 

●でも「フローズンフィーバー」はよかった

 

ご存知の方も多いと思いますが、本作にはアナ雪の続編「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」というおまけがついています。

いや、もう、文句なしによかったです。あの終わり方からして、続編を作るのは難しかったでしょうに、軽い話のようでいて映画の後日のあの3人(+オラフ)のその後の関係を想像させる、いい続編だったと思います。

アナとエルサとクリストフの関係は、なんだか江國香織の「きらきらひかる」を思い出させますね。「きらきらひかる」に描かれたのは同性愛者のカップルと体裁上結婚したその妻の友情でしたが、同性愛者に限らずマイノリティが互いを侵さず共存する道を温かく示しているように感じられて、ちょっと泣けます。

 

だから前座のアナ雪の尊い姉妹を見せられたあとで、本編の義理の姉2人、アナスタシアとドリゼラの「ライバルだからって石で頭をカチ割ったりしないわ」「ライバルだからって馬車から突き落としたりしないわ」「だって姉妹だもの」のやり取りに若干モヤっと来ましたが……こっちは前座のアナ雪から「性差別を生き抜くにはシスターフッドだ」ってメッセージを受け取って余韻に浸ってるところなのに、そこ意味もなくまぜっかえさないでよ!

どうやら書き出したらキリがありませんのでこの辺で打ち止めにしておきます。

 

どうしちゃったのディズニー。ベイマックスの中のフェアーな人種感はどこにいっちゃったの。コケたとはいえ、イントゥ・ザ・ウッズのあの怖いもの知らずの心意気は。

随所に挟まれるギャグのゆる~いノリからこの映画が「子供向け」なことは伝わってきますが、子供向けだからこそ、ポリティカルコレクトに関してはちゃんと作らないといけないのではないでしょうか。

 

いや、読み直してみたら、なんだか文句ばっかりで、自分で書いててびっくりしました。信じがたいかもしれませんが、私は個人的には、この映画ぜんぜん嫌いじゃないんです。

恋愛至上主義」「女性の自立を妨げる」として叩かれがちなディズニーですが、

本作には最近のディズニーにはない魅力があります。

それはディズニーで育った私たちだけが知っている内緒の魅力。ディズニークラシックは女の心の拘束具、身を滅ぼしかねない嗜好品。

用法要領を守って浸る分にはサイコーに可愛くて、去勢された女の快感に酔える、クレイジーでクールな映画です。

アニメという虚構性の強い媒体ならまだ気になりませんが、半笑いで独り言と歌ばかり歌うシンデレラは実写で大人が生身の身体で演じるとホントに狂人で、「She is  the MAD ! 」と姉達に言われるのもよかったです。

母の形見のドレスを破かれ、ついに心が折れた彼女が見た、フェアリーゴッドマザーが出てきてからの映像は過剰なほどにキラキラのゴテゴテで、「もしかしてついに狂っちゃったシンデレラの妄想では…?」と穿った見方をするのも楽しい。

 そんなわけでこの作品はある意味究極の「大人向け」映画です。

 

 

 

<宣伝>

「映画評論は男性が中心だし、TUTAYAの女性向け映画コーナーはキラキラしててムカつくのでダメ女子のための映画評論を作りましょう!」がテーマの「ダメ女子的映画のススメ」という本を出しました。

6月より通販も開始します!

9/20(日)の大阪文フリにも出店します。

詳細は公式サイトを更新していくので、ぜひそちらをご覧ください。

 

http://pinknomacherie.wix.com/damezyoshi

(公式サイト)

 

c.bunfree.net

(↑のページは前回のものです) 

 

 

【出典】

プリンセスグッズについてこちらを参考にしています

 

プリンセス願望には危険がいっぱい

プリンセス願望には危険がいっぱい